魚の目

皆さんの中で足のタコや魚の目で悩んでいる方はいらっしゃいますか?そもそも、タコと魚の目は見た目が似ていますし、部分的に一部の角質に強い刺激がかかることで出来る原因もほぼ同じです。ただ、足裏以外の体の部分にもできて芯がなく痛みがないタコと異なり、魚の目は足裏のみにできて芯があるために強い痛みが伴います。

 

その原因である「角質の一部に強い刺激がかかる」現象は、そもそも歩き方のクセや合わない靴でも起こりますが、何よりも足のアーチが崩れてゆがんでいることで多く引き起こされます。そして魚の目を放置してしまうと、痛みによって更に足のアーチや歩き方のバランスが崩れ股関節や膝関節に負担がかかってしまいます。

 

最終的に膝痛や腰痛まで引き起こす可能性があるのが怖いところです。魚の目が出来て痛みを感じる場合は、まず魚の目を治してください。皮膚科や整形外科、形成外科で診察・治療してもらえますので、放置せずに病院に行きましょう。予防としては、ヒールなど足に合わない靴の使用をやめ、足裏のアーチを補正するインソールを使用したり、歩き方のクセがある場合は姿勢を見直してバランスよく重心がかかるように心がけることが大切です。