低気圧による体調不良

梅雨で雨が続くということは低気圧の日が続くということですが、この低気圧、私達の体に実はとても大きな影響をもたらします。多い症状としては頭痛や肩こりがあり、「気圧による変化なんて感じない」という方でも、実際には倦怠感や気分の落ち込みなどの症状が出ていることがあるんですよ。こうした気圧の変化による体調不良は「気象病」もしくは「天気痛」などと呼ばれます。その主な原因は、気圧の変化によってストレスを受けた体が自律神経を過剰に活性化させてしまうことなんです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ逆の働きをしますが、急激に自律神経が活性化してしまうことで2つの神経の調整がうまくいかなくなり、結果的に体調不良になります。交感神経が活発になれば痛みを感じる神経を刺激して痛みや筋肉の緊張(コリ)が発生し、副交感神経が活発になれば倦怠感や眠気につながります。こうした気象病をどんな人が発症しやすいのかは実はまだハッキリと解明されていないそうですが、内耳が敏感な人ほど症状が出やすいと言われています。車酔いや船酔いしやすい人がまさにそのタイプですね。

そして気象病を防ぐには、3食きちんと食べ、適度な運動やストレッチを行い、ぬるめのお風呂にゆったり入浴するなど少しでもストレスを軽減する生活を送ることが大切。そして気象病の原因となる内耳をマッサージするのがオススメです。方法は簡単で①両耳をつまみ上・下・横に5秒ずつ引っ張る②両耳を横に引っ張りながら後ろに5回まわす③耳を包むように折り曲げて5秒キープ④手の平で耳を覆い後ろに円を描くように5回まわす…これだけです。とても簡単ですから、天気が悪い時に是非試してみてください。