ぎっくり腰

gikkuri

ぎっくり腰って?

何気ない動作によって引き起こる強い腰の痛みを、いわゆるぎっくり腰と言います。経験された方は思い出すのもイヤなものですよね。何を隠そう、わたくし阿部も過去に2,3回経験があります。

みなさま痛めた時のことを気にされます。(重いものを持ち上げた、大きなクシャミをした等)
ですが、その動作は単なる引き金であり、原因はそれ以前にすでにからだにあったと考えられます。

疲労、姿勢の崩れ、運動不足、内臓の負担、冷え、ストレス…

負担が限界を超えた時、一種の防衛反応として患部の筋肉は固く緊張し、動かそうとすると激しく痛みます。

そして多くの方は痛みが引くまでひたすら寝る、休む、という安静を選択をされます。

 

ぎっくり腰になってしまったら・・・

確かに急性期は安静にすることはとても大切です。

ですが、急性期を過ぎていつまでも安静にしていると回復に時間がかかり過ぎますし、更に痛みが増す危険性もあります。「安静にしとこ思て寝よったら、よけい痛なったんよ。どうにかして」 何度も耳にしました。

大丈夫です。安全安心に少しづつ動きを取り戻せば、ぎっくり腰は決してこわくありません。

 

困ったら当院に一度いらしてください

解決方法は当院にあります。腰に負担をかけないようにお腹や脚からアプローチをはじめます。

今まさにぎっくり腰の方、とても不安だと思います。そのお気持ちは理解しているつもりです。(私もぎっくり腰経験者として)理解しようと努めています。何なりとご質問ご相談ください。

3日~1週間くらいで気にならないレベルまで回復される方が多いようです。なかには1回で普通に歩かれる方もいらっしゃいますよ。「良くなったら何がしたいですか?」

ご連絡お待ちしております。