首の痛みと枕の関係

朝起きてみたら首が痛い、肩が凝っている…そんな経験はありませんか。首や肩のコリの原因は様々ありますが、意外と枕との相性も大事。枕は毎回、最低でも連続で6〜7時間は使うアイテムですから、それがもし合っていないと予想以上に首や肩に悪影響があるんですね。

実は、人は寝ている時、体重の約8%もの重さが頭部にかかると言われています。これは体重50㎏の人の場合、頭にかかる負荷は4kg。その重さがかかった頭部を合わない枕で支えていたら、いかに体に負担があるかお分かりでしょう。つまり、合わない枕を使うと寝ている間に首や肩の筋に余分な力が入ってしまい、結果的に筋肉が緊張した状態になるから。その為、仮に日中にせっかく首や肩のコリを解消しても、枕が合っていなければすぐに肩こりは再発してしまいます。

それに、枕が合わないことで起こるデメリットは首や肩のコリだけではありません。実は腰痛にも関係ある枕。背骨は頸椎までつながっていますよね。背骨のどこか1か所が歪むことで腰にも悪影響を及ぼします。、ちなみに、腰痛を引き起こす場合は枕の固さより高さが関係してくるようですよ。それと、もしイビキに悩まれている方がいましたら、その場合も枕の高さが影響している場合があります。

日頃から首や肩のコリでお悩みの方は、正しい治療と同時に、枕にも少し注目してみてくださいね。