O脚を治そう!

日本人にとって足の綺麗さというと「細くて長い」ことが評価されることが多いと思いますが、日本以外の国では基本的に「真っ直ぐであること」が何よりも大切な美脚の条件になります。どんなに細くて長くても、O脚やX脚ではあまり美しいとされません。しかし日本人のO脚の割合は非常に多く、なんと8〜9割にも上るとか。ここまでO脚の割合が多いのは日本だけのようです。

その原因は、日頃の生活習慣と文化的な面の2つが大きいと言われています。私達日本人にとっては床に直接座ることはとても身近なことで、つい胡坐や横座りをしませんか。または椅子に座っても足を組んだりしませんか。こうした日々の積み重ねで骨盤が傾き、膝頭を外側に引っ張ることでO脚になってしまいます。また、運動不足によって内転筋が弱くなるのもO脚の原因になります。

また文化的な面でいうと、日本では昔から着物での美しい立ち居振る舞いとして、つま先を擦り合わせる内股の歩き方が女性らしいとされていて、海外では矯正すべきとされる内股歩きも「かわいらしい」という理由で嫌がられない…というのも、O脚が減りにくい原因の1つでしょう。

ただしO脚も悪化すると痛みや歩行障害につながることがあるので、できるだけ早く改善させるのがオススメですよ。